ワインを学ぶ

急増期

1848年にアメリカはメキシコ戦争に勝利して、カリフォルニアはアメリカの一部となり、

1849年からのゴールド・ラッシュによる人口の急増で、ワインの需要も拡大します。

19世紀後半には、ジャン・ルイ・ヴィーニュによってヴィニフェラ系のぶどうが持ち込まれ、 また東部よりもぶどう栽培に適した気候という恩恵も受けて、カリフォルニアのワイン産業は大きな発展を遂げることになりました。

輸入元だからできる価格

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

最近の記事

  1. AVAとは

  2. アメリカのワイン法と種類

  3. 新しい時代へ

  4. ブティック・ワイナリー

PAGE TOP