ワインを学ぶ

ブティック・ワイナリー

ブティック・ワイナリーとは、1970年代のカリフォルニア州で使われるようになった言葉で、少量高品質のワイン造りを目指しているワイナリーのことです。ブティックという言葉はフランスの「小さな店」を意味するブティックに由来します。

それまでのアメリカワインは大量生産のワインが一般的でしたが、1970年代に興ったブティック・ワイナリーでは、アメリカワイン発展の第一人者であるロバート・モンダディに代表される、生産規模を最小限に抑えて高品質のワイン生産を追求する動きがカリフォルニア州、特にナパ・ヴァレーのワイナリーで見られるようになりました。シャルドネのスキン・コンタクトやオークの小樽内発酵、自然酵母での発酵や発酵前のピノ・ノワールの低温マセレーションなど、さまざまな実験が繰り返されました。こうした試行錯誤によって洗練されていった技術は、1980年代に入って巨大ワイナリーにも取り入れられ、カリフォルニアのワイン醸造技術は世界最先端のものとなりました。

輸入元だからできる価格

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

最近の記事

  1. AVAとは

  2. アメリカのワイン法と種類

  3. 新しい時代へ

  4. ブティック・ワイナリー

PAGE TOP