ワインを学ぶ

パリスの審判(ワイン版)

1976年、全世界のワイン関係者を震撼させる事件が起きました。

まったく無名のカリフォルニアワインが、バタール・モンラッシェ、ムートン、オー・ブリオンといった当時の最高品質と思われていたフランスワインを打ち破ったのです。

この事件(パリスの審判)は、アメリカ建国200周年を記念して英国人・スティーブン・スパリエ(ワインス クール「アカデミー・デュ・ヴァン」の主宰者&ワイン商)の「ブラインド・テイスティング」企画によって行われました。

審査員には、フランスのワイン界を代表する9人が審査員として参加していました。実は、審査員には、このブラインド・テイスティングにはフランスワインとカリフォルニアワインが混在していることが当日になるまで知らされていなかったのですが、カリフォルニアワインはレベルが低く、飲めばすぐにわかると思ったのか、誰もそのことに異議を唱えませんでした。(採点後、自分の採点表を返すように要求した審査員や、「パリスの審判」が大事件となった後、「フランス・ワインを入れると知っていたら参加しなかった。これは騙まし討ちだ」とクレームをつけた審査員がいたそうです。)


当時、カリフォルニアワインの評価は非常に低く、大量生産のただ酔うための安ワインというのが一般的な評価だったのですが、それが一夜にして覆り、カリフォルニアワインが世界の表舞台に躍り出すきっかけになった出来事として、米国タイム誌「Judgement of Paris(パリスの審判)」と言う見出しで、記事を発信しました。

この記事は、大きな興奮が込められた次の文章で始まっていました。

「考えられないことが起きた。カリフォルニアがフランス勢をことごとく打ち倒したのだ……」

結果は赤白共にカリフォルニアワインが1位。長年独走状態だったフランスワインに無名のカリフォルニアワインが勝ったのです。

このカルフォルニアワインの勝利は、当時信じられていた「ワインは血統がすべて」という信仰を覆し、ニューワールドのワイン醸造家を勇気づけ躍進していくきっかけとなった出来事として長く人々の記憶に残りました。

輸入元だからできる価格

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

最近の記事

  1. AVAとは

  2. アメリカのワイン法と種類

  3. 新しい時代へ

  4. ブティック・ワイナリー

PAGE TOP