ワインを学ぶ

抜栓方法(ヴィンテージワイン編)

ヴィンテージワインの温度管理は、16度から18度の温度で飲むのがいいとされています。ワインのコルクは年月を経れば経るほど、脆くなっていくのが常です。シリタのコルクは通常よりも長い為、ソムリエナイフで抜栓する場合はしっかりと貫通させてゆっくりと引き上げます。また、バックヴィンテージワイン(古酒)用のオープナーもあるので、古酒オープナーを使用するのがお勧めです。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

最近の記事

  1. AVAとは

  2. アメリカのワイン法と種類

  3. 新しい時代へ

  4. ブティック・ワイナリー

PAGE TOP